So-net無料ブログ作成

Kのメモ DEC 24,2013 [店雑記・Kのメモ]


Light of December-飛鳥の光6


飛鳥の光は
きっと、今年明日香に行けなかった飛鳥からのプレゼントかもしれない。

と、思いながら法隆寺に関する古本を数冊注文します。

...............................................

昨日は知り合いの造園屋さんが来てくれて、松と桐を切り取りました。

私はずっとおしゃべりと
松ぼっくりを拾ったり、切り込みの幹につけたロープを引っ張ったり。

今日は残りの桐を切り取り、高く繁った楠を小さくします。


実家から帰宅し、ポストに届いていた古本に眼をとおすのは未明。

姪っ子のSさんからも勤める美術館の案内状と招待券が届いていた。

姪に連れられ、実家に来た時のかわいい顔が浮かびます。

........................................


F線上に位置する法隆寺の空間に何があるのか、角度を変えながら
少しずつズームインしています。

被葬者の正体を鎌足とする
『蘇った古代の木乃伊』には、T大学医学部の協力で発見時に撮られた骨のX写真から、
被葬者(ミイラ)の体の状態が記されています。

かえこが「久しぶりに骨の写真をみるね」と。

「そうね。1300年以上も前のものがこんなに美しく残っていたんだって」

骨屋が骨の写真をみる。

....................................

Mhone1223.jpg
(図-1)

記事や写真から、背面からの体幹骨の図に記してみました。

T大学I先生の所見では、
第11胸椎の圧迫骨折(押しつぶされ変形した状態)、3本の肋骨の骨折、
左腕の脱旧骨折、指の骨折など。また、ギックリ腰の症状もあった。

その他、スポーツ肘やテニス・エルボーと呼ばれる
肘の変形症状もあり、弓や馬術で鍛えたものではないか。

これらの骨折状態では、半身不随、寝たきり、
よくもって半年、三、四ヶ月が妥当の命であったのでは。

骨折原因は、
オートバイや高所から落ちた労災事故のような事故想定ができる。
あえていえば、落馬か高い建物からの転落。

などと、記されています。(注-1)


このようなことから調査研究会の一員のNさんが、
病(落馬が原因の骨折か)の床につき、思い出の場所の山上に墓をつくることを遺言して
五十六歳の生涯を閉じたのであろう。と記しています。(注-1)

病であったことは
『紀』天智天皇八年(669)冬十月十日の条に
「天皇は藤原内大臣の家にお越しになり、親しく病を見舞われた」ことが記され、

天智天皇八年(669)冬十月十六日の条で「亡くなられた」ことが記されています。

..........................

「落馬ね」と、イメージをふくらませながら、
自分の骨折とかさねます。

古文献では鎌足が落馬したことは記されていません。

筋肉質で身長164cmぐらいを想定すると、落ちたとき250kgぐらいの力がかかった?

「鞍上より、もっと高いところじゃないかしら?」と。

.....................

『紀』に落ちた記事がないか探すと

同八年(669)秋の条に、
「藤原内大臣の家に雷が落ちた」とあります。

....................

かえこに「おばさん雷が落ちたで、鎌足が落ちたなんて書いてないじゃん」と言われながも、

落雷で骨折するようなことがあるのか、調べてみると、

直接彼雷しなくとも、近くであったり、強かったりした場合、
強く飛ばされたりするようです。


.................

さて法隆寺ですが、
再建前のものは天智天皇九年(670)夏四月三十日、
明け方に出火し、建物は全て焼けた。大雨が降り雷が鳴り轟いた。と記されています。

......................................

(図-1)『新編 美術解剖図譜』東京芸術大学美術解剖学教室 編  日本出版サービス 1894 より加筆
(注-1)『蘇った古代の木乃伊(ミイラ)』小学館 1988より加筆














タグ: 飛鳥の光
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0