So-net無料ブログ作成

Kのメモ SEP 1,2011 [店雑記・Kのメモ]


phot00201106 431.jpg
(注1)

golden stamp-4

はじめてものを見た時、ひとは直感的なイメージが
脳裏に生まれます。

その人の過去に蓄積された多くの情報が呼びおこされ
そのものと結びつこうとします。

私は最初の結びつきを「イメージのつながり」として大事にしています。

................................................................

この金印が本物か偽物か?という論議があります。

私は本物でも偽物でも、どっちでもかまわなく
そのものの持つ形やイメージが
私とどのようにつながりをもつのか?が楽しく調べています。

黄金比の形もそのような直感的なイメージから興味をいだき
前記したような「志賀島」の島の形に至りました。

では金印にそのような黄金比のイメージが隠れているのか?知りたくなり
文献資料や博物館への問合せ、などから
やっと金印の形と寸法の関係を描くことができました。

寸法は岡崎 敬さんの1968年に発表された測定結果より、
図は大塚紀宣さんが2009年に発表されたマイクロスコープでの観察結果より
拝借しました。
......................................................................

phot00201106 430.jpg
(写1)


phot00201106 396.jpg
(図A)


phot00201106 395.jpg
(図B)


phot00201106 397.jpg
(図C)


(図A)(図B)(図C)は(写1)の→の方向から見た図です。
寸法はmm単位、小数点二位を四捨五入しています(参1)。

印台の各辺の寸法は23.45, 23.54, 23.49, 23.41,23.47と微妙に異なり
カッコ寸法は平均値です。

印台の高さも辺部で8.74, 8.89, 9.06, 8.80, 8.87と異なり、
カッコ寸法は平均値です。

印台の高さと蛇鈕の高さの和が総高の寸法と違いますが
おそらく、総高の寸法は定盤での計測と推察します。

.................................................

(図A)より蛇鈕の形がほぼ黄金矩形におさまることがわかります。
また、(図C)より平面の形もほぼ黄金矩形におさまることがわかります。
そして、(図B)より蛇鈕の短辺の形がほぼ正方形であることもわかります。

これらの誤差は0.5mm内であり、
方形の印台の各辺の最大誤差0.13からも許容内では?とイメージします。

蛇鈕の形が黄金矩形におさまるとすれば、
そこに見えてくるのは黄金矩形のなかに生まれるΦ(ファイ)螺線の渦巻く世界です。

蛇がとぐろを巻くイメージへと膨らみます。


phot00201106 394.jpg



...........................................................

(参1) 『金印研究論文集成』大谷光男(編者) 新人物往来社 1994
『「漢委奴国王」金印の測定』岡崎 敬 より抜粋

(図A,B,C) 『研究紀要』 福岡市博物館 第19号 2009
『マイクロスコープによる金印の表面観察とその検討』 大塚紀宣より加筆

大塚紀宣さんの研究はとても面白く、
発見から230年になり「やっと形にメスがはいっていく」と感激しました。

発掘された多くの遺物、出土品が古文献だけに頼らない視線に
少しだけ考古学、歴史学の垣根からの光を感じました。





タグ:golden stamp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0